とということで

とということで

ただひたすらにtoto1等当選を狙うブログ

【toto938回】【予想】おそらくはホーム有利回

toto938回考察

今回の人気枠

1.C大阪(A)57%

2.清水(H)53%

4.柏(H)80%

6.横浜M(H)54%

8.鹿島(H)83%

9.浦和(A)62%

10.東京V(A)54%

12.名古屋(H)52%

・キャリーオーバー発生回ということで多少厚めにマークしても良いかもしれません。前節は人気所の柏、C大阪、浦和がコケましたが、今年はJ1、J2共に団子状態が激しく、コケるという表現はもしかすると不適切かもしれません。ちなみに、開催日となる6/25は全国的に雨模様の予報でしたが、昼からは曇りの地域もあるようです。

J1第16節

1.仙台 C大阪 (2)予想スコア1−2

・仙台の前節はクリスラン選手を出場停止で欠く中、ベアスタで鳥栖と引き分けたという点を評価しています。鳥栖は趙選手が不在でしたので、攻撃力という点ではいつもどおりではなかったかもしれませんが。対するセレッソは苦しみながらも勝ち点1を拾ったという点は例年にはない勝負強さのようなものがあると感じています。

・セレッソは前節から清武選手が復帰しましたし、前節出場停止だったソウザ選手は良く言えば休めたと捉えることもできます。柿谷選手、杉本選手の流れからのゴールが待ち遠しいですが、清武選手が90分できるとなると話は変わってくるでしょう。

・データとしては、仙台ホームでのセレッソの勝利が遠いこと、今季の仙台はホームで未だ引き分けがないということに注目したいと思います。余裕があれば両天秤をオススメしたいところです。

2.清水 甲府 W(1,0)

・清水は前節セレッソに終了間際に追いつかれてのドロー決着となり、不完全燃焼でしょう。清水は勝ちに恵まれていませんが、今節のホーム戦はチャンスが来たと言えそうです。

・甲府は前節絶好調柏の連勝を止めるというダークホースっぷりを見せつけてくれましたが、得点は奪えずといったところが殊勝で良いところです。

・甲府としては相性の良くない清水が相手ですが、柏戦のように守備を固めれば引き分けの可能性も大いにあると考えます。対する清水も守備に抜群の安定感があるわけでもないので、両者得点の1−1のドローが可能性としては一番高そうです。清水に先制点が入るとズルズルという展開も考えられますので、清水寄りのダブルで抑えるのが良いと思います。

3.広島 大宮 (1)予想スコア2−0

・広島に雰囲気が出てきたように思えます。16位と17位の対決ということで、下位争いはホーム戦が終盤戦のキーになってくるということもあり、広島は是が非でもとっておきたいという気持ちでしょう。ここは狙ってもいいのではないでしょうか。

4.柏 札幌 (1)

・基本的に札幌のアウェーは買いません。柏を警戒してガチガチの守りをするというチームではないでしょう。ただし、残留争いがチラついていた場合は可能性は低いとは思いますがあり得るでしょう。しかし、J1優勝を目指すと公言したからにはやっていただきましょう。

5.G大阪 川崎F (1)予想スコア3-2

・優勝を視野に入れたガンバの大事なホーム戦ですが、長沢選手の怪我が気になります。夜は雨は降らないようですので視界不良にはならないと思われます。ガッツのある選手ですので大丈夫でしょう。堂安律選手も気合入ってるでしょう。

6.横浜M 神戸 W(1,2)

・リーグ戦3連勝中の好調横浜です。対する神戸はホームで負けた分をアウェイで取り返すというアドバンテージを自ら捨てていくスタイル。そして、今節はホームで5勝2分1敗の横浜とアウェイで5勝1分1敗の神戸の対戦となっています。

・非常に興味深いデータのぶつかり合いですが、神戸の現状を見ると横浜の守りを崩して得点を重ねることは難しい、つまり、勝つことは難しいと思われます。しかし、今節は横浜守備陣の隙をつくことができそうです。

・あとは攻撃陣が点を取って守備陣が守るという寸法ですが、それはちょっと難しそうです。本命は横浜Mの勝利ですが、上位陣との勝ち点差をこれ以上離したくない神戸がアウェイで本領発揮する可能性も捨てきれないので、両天秤でおさえたいと思います。アウェイで強い神戸の評価がちょっと低い気もします。

7.磐田 F東京 (1)

・よく分からないチームの対戦となってしまいました。磐田は前節浦和から金星をあげ、F東京は苦しんでいる状態です。そして、どちらもミッドウィークの天皇杯でPK戦までもつれこむということもしています。

・磐田のホームの利を取るか、攻撃陣の顔ぶれが揃って歯車が噛み合いつつあるF東京を取るか、非常に悩ましい一戦です。こういうときに、決め手となるのはサポーターの存在でしょう。磐田の不思議な強さが発揮されることを願って磐田シングルで勝負です。

8.鹿島 新潟 W(1,0)

・これだけはドローもマークしたほうがいいです。

9.鳥栖 浦和 (2)

・浦和は負けた後強いです。それが浦和の強さです。

J2第20節

10.町田 東京V (1)

・ここは町田です。東京ダービーですが、ヴェルディにとってはアウェイですので、指数的には低くなります。町田のホーム戦も指数的には低くなりますが、ダービーのホームということで町田です。

11.横浜C 湘南 (0)

・下り坂の横浜Cと上り坂の湘南の対戦です。とは言え、横浜Cのイバ選手は一試合に少なくとも3回程度チャンスが転がるのでそこを無失点に防ぐのはなかなか難しいと思います。対する湘南も持ち前のハードワークと、ここ数試合の横浜Cのディフェンスを見ていると、先制されたとしても追いつくチャンスはいくらでもありそうな気配です。スコア的には1−1が本命です。

12.名古屋 長崎 W(1,2)

・ここは名古屋でしょう。長崎はそろそろ負けそうな気配があります。しかし、波乱枠としてはここでしょう。長崎はファンマ選手のいないアウェイでも勝ち点を積むことができていますし、今節はファンマ選手が復帰する可能性があります。

13.熊本 山口 (1)

・熊本は前節の徳島戦で新監督がデビューしました。結果としては良くないですが、新監督がホームで采配を振るう今節が実質的なデビューと考えるとメモリアルデーに強い熊本が思い出されます。

・山口は第9節で名古屋を下して以来一つ引き分けを挟んで勝ち星がありません。こちらも監督が交代しましたが、目処は立たずといったところです。

・J1なら下位争いはドローと見るのですが、ここはJ2ということで雌雄を決するとすれば熊本有利かな、と思っています。

とということで、予想はこちら

f:id:lab555:20170625153745p:plain

【toto937回】【結果】柏、セレッソ、浦和がコケる

toto937回結果

f:id:lab555:20170623092833p:plain

予想はtwitterで

toto937回レビュー

J1第15節

1.鹿島3-0札幌 相性の悪いホーム戦で相性の良い札幌を下した鹿島ですが、札幌のエリア付近での守備がルーズだったのが気になります。逆に鹿島はペドロジュニオール選手の得点も見れ、安定した戦いっぷりを見せました。

2.川崎1-0広島 川崎らしい試合展開でした。広島の後半の押し込みは危ないシーンもありましたが、チョン・ソンリョン選手の壁は崩せずといった様子。阿部選手が効いています。

3.神戸0-1G大阪 ガンバは前線にパトリック選手が陣取ることでメリットとデメリットがあると思いますが、空いたスペースを倉田選手や長沢選手が使えるようになることで、相手ディフェンスの脅威になりえると思います。神戸は小川選手と渡邊選手の交代直後の失点ということでその辺りの修正が必要でしょう。

4.新潟1-2大宮 運が大宮に味方しました。新潟も悪くはなかったですが、悔やまれます。新潟のサッカーが呂比須監督の思うとおりに変われば面白くなってくると思います。

5.鳥栖1-1仙台 仙台はクリスラン選手が出場停止のため、攻撃オプションが少なかったのですがセットプレーは裏切らないです。ホームで強い鳥栖での勝ち点1は価値があると思います。チャンドンゴン選手の不在は勢い的にも影響力が大きかったようです。

6.甲府0-0柏 甲府のコンディションが良かったです。柏は最後のところでいつもの調子が出なかったといったところでしょう。ウィルソン選手とドゥドゥ選手のコンディションがさらに上がってくるとダークホース甲府を期待してしまいます。

7.C大阪1-1清水 清水のチアゴ・アウベス選手と鄭大世選手のツートップをゼロに抑えるのはなかなか難しいといったところでしょうか。セレッソはここでの勝ち点1が後々響いてくると思います。この辺りが例年とは違うと感じています。

8.F東京0-1横浜M 雨の日は巧いチームがが勝つ、ということで横浜Mの方が巧かったのでしょう。ピーター・ウタカ選手の良いところが出なかったことも敗因でしょう。大久保選手にもっとチャンスを作れば上昇するでしょうが、チーム戦術でしょうか。

9.浦和2-4磐田 浦和はリーグ戦の調子を落としていますが、このままでは追われないでしょう。磐田はいよいよ分からないチームになってきてしまいました。次節はホームにF東京を迎えますが、難しいです。

J2第19節

10.湘南1-0京都 湘南らしさが戻ってきたように思えます。京都はスタミナ切れでしょうか。FWに二枚揃わないと調子がでないのでしょうか。

11.長崎0-0町田 両チームの良いところを出しきれないもどかしい試合でした。勝ち点1を分け合ったという表現が適切でしょう。町田は引き分け多いですね。

12.金沢3-2山口 下位対戦はホームチームに注目です。

13.大分2-1讃岐 大分はついに、といったところでしょう。讃岐は惜しいところまでいきましたが、運に見放されました。

【toto936回】【結果】遅くなりましたが総括

toto936回結果

f:id:lab555:20170623082806p:plain

toto936回レビュー

J2第18節

1.千葉0-0福岡 千葉に乗り込んだ首位福岡ですが、鬼門となっているJ2の首位らしくスンナリとはいかずでした。というよりも千葉が良かったと思います。

2.大分2-2横浜C 大分のビッグゴール2得点と横浜CのPKでの2得点。大分は光明が見えたような気がします。横浜Cは救われた印象です。何よりも首位奪取といかなかったことが大きいかもしれません。

3.徳島0-1湘南 徳島も湘南も良いところが出たと思います。しかし、徳島は決めきれず、対する湘南は勝負強さを発揮した展開でした。湘南は苦しんでいましたが、この勝利で何か変わってくるかもしれません。

4.山形1-0群馬 阪野選手のナイスゴールを守りきったのは、さすがの山形の守備力でしょう。群馬の攻勢もなかなかです。

5.松本0-1水戸 水戸の負け無し記録が伸びました。松本は攻めきれない試合が続いています。互いにセットプレーからのチャンスがありましたし、得点の臭いもありましたが、水戸の勢いのようなものが勝ったように思えます。

6.東京V2-1名古屋 ドウグラスヴィエイラ選手のエース力が光りました。風間サッカーが浸透してきている名古屋ですが、シモビッチ選手が前を向いてボールを受けることができるかという点が得点に繋がっているように思えます。

7.山口0-1岡山 新監督を迎えた山口ですが、得点には至りませんでした。しかし雰囲気は感じられましたので次節以降に期待しましょう。

8.愛媛2-0岐阜 ゴールマウスがビッグプレーを魅せてくれましたね。岐阜の疲労に付け入った愛媛の地力の強さが見えました。

9.長崎1-0熊本 長崎はファンマ選手が不在でもホームなら買えそうです。

10.京都2-2町田 京都はパワー、町田は低いクロス。面白いですね。

11.讃岐1-0金沢 讃岐良いですね。原選手も間もなくという雰囲気です。

【toto936回】【予想】J2は引き分けが多い説

toto936回考察

今回の人気枠

1.福岡(A)55%

2.横浜C(A)50%

4.山形(H)70%

5.松本(H)50%

7.岡山(A)70%

8.愛媛(H)60%

9.長崎(H)70%

10.京都(H)65%

12.鹿児島(H)60%

13.秋田(H)60%

・時間が取れないので今回は画像だけで失礼します。

とということで、予想はこちら

f:id:lab555:20170610085914p:plain

【日本代表】【シリア戦】1-1の引き分け

シリア戦について

予想通りと言うか、予定通りと言うか、センターバックは吉田麻也選手と昌子源選手のコンビが採用されました。

イラク戦もおそらく吉田・昌子コンビでいくものと思われます。ライブ放送は後半からしか見れていないのですが、ディフェンス陣に多少不安な場面が見られました。しかし、これはセンターバックの問題というよりは中盤との連係の問題という気がしました。

本番はもちろんイラク戦ですが、このままいくと守りきれないのでは?という不安が残ります。全体練習で連係を深めてく時間も十分ではないですし、個々の力に頼る部分が大きくなってくるでしょう。

後半からガンバの井手口選手が山口蛍選手に代わって入ってからは中盤で潰すシーンが多く見られたように思えますが、日本が先手を打って交代枠を使ってフレッシュな選手を入れたからという見方もできそうです。同じく後半途中から入った乾選手、本田選手の奮闘は得点の雰囲気を十分に感じさせるものだったと思います。楽しかったです。

そして、ハリルホジッチ監督も言及していましたが、消えていた選手もチラホラ見えました(テレビ画面越しですが)。89分消えていても1分で得点すれば問題ないと思いますので、あまり気にしない方が良いと思います。

headlines.yahoo.co.jp

収穫と方向性

この試合の一番の収穫は、シリアの攻撃に押し込まれる場面が多々あったということだと思います。二番目の収穫は後半からの攻撃陣、特にキレキレの乾選手だったと思います。大迫選手は圧倒的な安定感でしたし、本田選手も楽しそうにプレーしていましたし、長友選手もアモーレでした。攻撃陣はフィットしてくると面白そうです。

今回のシリア戦は仮想イラクということで組まれていたと思いますが、勝敗よりも現メンバーの状態、調子、中東チームとの相性などをある程度見極めることができた、ということも収穫だったと思います。課題が見えた一戦だったということですね。

香川選手の離脱で、本田選手がスタメンに入るような気がしますが、起用オプションが一つ減ったことも事実です。本田選手は真ん中で使いたいと思わせるシーンも二回ほどありましたし、現在のシステムを少しイジる必要も出てくるかもしれません。右サイドでの起用に備えて右足のシュート練習に励んでいることでしょう。

長友選手の左サイドからの展開が多く見られました。事実、今野選手の得点は長友選手の突破から、本田選手が左に流れて、中央は倉田選手が入り、ファーサイドに走り込んだ今野選手が押し込むという形でした。これは非常にアモーレでした。しかし、右サイドからの展開がもっと欲しかった、浅野選手に期待していたのに、というのがテレビを見ていた方全員の気持ちでしょうか。

井手口選手は前から行って奪うタイプですので、長友選手が上がったスペースを埋めることに終始すると良さが活かされない可能性もあります。サイドバックとボランチの連係はなかなか難しいです。

イラク戦のスタメン予想

イラク戦のスタメン予想は前日に上げたいと思います。予想と言うか個人的な希望ですが。