とということで

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とということで

ただひたすらにtoto1等当選を狙うブログ

【toto933回】【予想】開催時間に注意

toto933回考察

今回の人気枠

2.柏(H)75%

3.鳥栖(H)60%

4.仙台(H)55%

5.F東京(H)80%

8.湘南(H)70%

9.徳島(H)70%

10.大分(H)60%

13.福岡(H)85%

・今週は8枠で人気が偏っています。見ての通りですが、ホーム側が人気を集めています。最近、昼の時間帯は暑く感じる日が多くなってきていますが、14時辺りにキックオフの試合はコンディション面で普段どおりにはいかない可能性もありますので、注意が必要でしょう。

・J2の対象試合がいつもよりも多いということでJ2特有の引き分け連発という可能性も捨てきれないですが、今節はホーム寄りの予想で落ち着くでしょう。そこから波乱要因をうまく見つけ出してドローマーク、アウェイマークを付けていくというのが今回の鍵となりそうです。それでは今週もいってみましょう。

J1第13節

1.清水 横浜M W(1,0)予想スコア1−1

・リーグ戦では徐々に調子を上げてきているように見える清水ですが、ホームでの勝利は遠いです。横浜Mもアウェイではまだ1勝と、ホームアウェイ戦での成績は似たり寄ったりというところです。

・齋藤学選手はリーグ戦前節の負傷により出場するか微妙ということですが、どちらかというとバブンスキー選手とウーゴヴィエイラ選手の不振が気になるところです。ルヴァン杯では2得点していましたが、直近の得点力の低さは気にしたほうがいいかもしれません。

・昼間の試合ということもあり、コンディション面でホームに利があるのは確かでしょうから、引き分けを本命として、ホーム寄りのダブルで抑えるのがいいでしょう。

2.柏 大宮 ◎(1)予想スコア1−0

・柏でしょう。ルヴァン杯の流れでは大量得点の大宮の目もありそうですが。

3.鳥栖 札幌 (1)予想スコア3−0

・少し怪しい気配もありますが、豊田選手の影響力を買って鳥栖マークでいきます。19時キックオフのナイター戦ですので、スコアも動きそうです。

4.仙台 新潟 (0)

・ここも怪しい気配がありますが、ホーム戦での不調を重視してドローマークにします。仙台がいままでにない攻撃力を見せたり、新潟の呂比須体制がハマれば仕方ないと割り切ります。

5.F東京 甲府 (1)

・甲府はウィルソン選手がコンディションを上げてくればワンチャンあると思いますが、F東京でしょう。

6.広島 磐田 ★(1)

・ここで広島ですよ。今季のホーム初勝利がかかっていますが、意識が良い方向に向いてきていると思います。

7.神戸 C大阪 W(1,2)

・そろそろ神戸のホーム勝利が来る頃でしょう。ただし、神戸はルヴァン杯も勝ちにいって敗けたという印象がありますので、本命はセレッソです。首位争いに絡んでいこうとする両者の対戦で引き分けは寒いです。

J2第16節

8.湘南 山形 W(1,0)

・3節前なら引き分けマークでしたが、今の湘南は取りこぼさないでしょう。と言いつつ、アウェイで引き分けの多い山形ですので、引き分けもマークします。スコア的には1−0、1−1辺りでしょう。

9.徳島 讃岐 ◎(1)

・徳島のホーム戦は買います。買いますが、この人気の集まりはいかがなものかと思います。徳島は3戦連続ドロー、同カード徳島ホームで2ドロー、とドロー臭さもありますが、讃岐の今季のアウェイ戦の成績を見ると徳島をマークするべきかな、と思います。前節も得点した原選手は怖い存在ですが、徳島のリズムで攻めきるでしょう。

・と、徳島をマークするための自分への言い訳を書いてみました。

10.大分 岡山 (1)

・大分でしょう。

11.横浜C 名古屋 (2)

・横浜Cが押し切って勝利、名古屋が爆発して勝利、上位争いの意地でドロー、の3通りありそうですが、名古屋のシモビッチ選手は横浜Cの守備にも通用すると思っていますので、名古屋勝利のシナリオが個人的に一番イメージしやすいです。

・横浜CはJ2後半戦の戦い方も知っているということで昇格戦に有利です。この一戦では、図らずも名古屋に花を持たせてあげたほうが世の中の流れ的には良いかもしれません。しかし、トリプル推奨です。

12.長崎 東京V (1)

・ヴェルディのアウェイ戦はちょっと信用出来ないというのと、ファンマ選手の出る長崎は買うというルールに基づいて、長崎を買います。ヴェルディはここを落とすと痛いというのはわかりますが、若さがでてしまうということもあるかと思います。

13.福岡 群馬 (1)

・ここ数試合の福岡を見ると盤石という印象です。群馬はtoto対象外のときに勝つはずです。

とということで、予想はこちら

f:id:lab555:20170527074959p:plain

【minitoto932回】【結果】ルヴァン杯は\(^o^)/

minitoto932回結果

f:id:lab555:20170525072157p:plain

予想はこちら

www.lab555.jp

minitoto932回レビュー

1.札幌1−2仙台 仙台はルヴァン杯と相性が良いです。佐々木選手の得点もありましたし。札幌ホームで強い説はリーグ戦だけのようです。

2.C大阪1−0神戸 神戸はこの陣容で勝てなかったのが痛いでしょう。セレッソは選手を使わなかったので週末の再戦は有利に戦えそうです。

3.鳥栖1−2横浜M 鳥栖は豊田選手が復帰しました。横浜Mはウーゴヴィエイラ選手が2ゴールを決めました。それだけ。

4.柏0−1F東京 柏は痛い敗戦でしょう。F東京のベンチワークは個人的にしっくりきていません。勝ったので良かったのでしょう。

5.新潟0−2甲府 新潟は勝つ気なかったですね。リーグ戦への影響はないでしょう。甲府も特に、という感じでしょう。消化試合です。

0.大宮4−0清水 消化試合ですが、4−0は引きずりそうなスコアですね。切り替えていきましょう。

週末の注意点

・ルヴァン杯好調の仙台ですが、リーグ戦ではホーム4連敗中です。対戦相手の新潟は呂比須監督の初戦を勝利で飾ることが出来ましたが、フォーメーションを変えるなど未知数な点が多いです。ホームでの不調を重視するか、ルヴァン杯からの流れを重視するか、難しいところです。

・神戸はホームにセレッソを迎えての一戦ですが、ルヴァン杯でそこそこ使った影響がどうでるか。リーグ戦の前節は、F東京と1−1の引き分けでした。後半は押し込んでの引き分けでしたので、雰囲気は感じましたがホームで勝てないイメージをどう払拭するか、というところでしょう。セレッソは気合充分でしょう。

・鳥栖は豊田選手の復帰が大きいですし、次節はホーム戦ということで期待していいと思います。

・横浜Mはダビドバブンスキー選手とウーゴヴィエイラ選手の活躍が期待されますが、ルヴァン杯で好調そうだったのでリーグ戦でもいけるかもしれません。しかし、対戦相手の清水は前節浦和と3−3のドローということで自信がついてるでしょうから簡単ではないでしょう。どちらかというと清水を買いたいですね。

【minitoto932回】【予想】ルヴァン杯かルヴァン敗か

ルヴァン杯

今回は5/24(水)に開催されるルヴァン杯グループステージ第6節の5試合が対象です。今回のお休みチームは、磐田と広島です。例によって読めない展開ですが、妙味のある選択をしていきたいと思います。全然当たらないので今回は軽めです。

minitoto932回考察

1.札幌 仙台 (2)0-1予想

・グループ首位の仙台。調整気味の札幌を躊躇なく倒すか。

2.C大阪 神戸 (2)1-3予想

・神戸はリーグ戦で上昇気流に乗りかけているところで、ルヴァン杯に力を入れてくるかどうか疑問ですが、今までの流れで行くと神戸でしょう。セレッソは無理しないでしょう。

3.鳥栖 横浜M (1)1-0予想

・鳥栖はニューヒーローの登場が待たれています。いつやるの?今でしょ。

4.柏 F東京 (1)2-1予想

・柏はルヴァン杯で来てないですが。F東京はさすがに使ってこないでしょう。使わないほうがいいです。

5.新潟 甲府 (1)2-0予想

・消化試合ですが、おそらく新潟きます。勢いは新潟。

0.大宮 清水 (2)0-2予想

・消化試合です。しかし、清水は空気を読まないでしょう。というより、清水は勝ったほうがいい試合です。

とということで、予想はこちら

f:id:lab555:20170523190758p:plain

f:id:lab555:20170523190842p:plain

【toto931回】【結果】浦和に善戦の清水は今後要注意

toto931回結果

f:id:lab555:20170523180808p:plain

予想はこちら

www.lab555.jp

toto931回レビュー

J1第12節

1.横浜M1-1仙台 勝負弱い横浜Mが出てきました。人気を集めている時は注意したほうがいいと思います。

2.新潟1-0札幌 新潟は新監督パワーでした。次の試合が見どころです。

3.磐田0-2柏 中村航輔選手がとてつもないです。柏買いましょう。

4.大宮0-3C大阪 CK絡みでの得点は計算できるので有り難いですが、流れからもっと欲しいところです。

5.G大阪3-0鳥栖 鳥栖は豊田選手に続いて小野選手が長期離脱ですので、ホームで対戦相手次第で気を付けるくらいがいいでしょう。ガンバは首位に立つタイミングがちょっと早いかも。

6.浦和3-3清水 ホーム・アウェイ問わず、浦和との一戦は特別と考えていった方が良さそうです。清水良かったです。

7.甲府1-2広島 広島の歴史を感じる一戦でした。少し生き返りましたね。甲府は前半での失点が痛かったです。前半ゼロなら、というところでしょう。

8.神戸1-1F東京 あのウエスクレイ選手の突破は止められないです。F東京が勝ち点1を拾った展開でした。次のホーム戦では、神戸が勝利するでしょう。渡邉千真選手の得点が希望です。

toto対象外のJ1

0.鹿島0-3川崎F チョン・ソンリョン選手も効いてましたが、鹿島の攻撃が王道すぎたのかもしれません。川崎の球際の強さもあったでしょう。ACLグループリーグ突破から川崎の調子が上がってきてます。

J2第15節

9.松本1-2湘南 今年で言うと力の差を感じました。

10.山形3-2山口 山形はホームで強いです。買いましょう。アウェイは読めません。諦めましょう。

11.金沢0-5福岡 福岡にスキなしでした。

12.岡山2-1横浜C 岡山がチャンスをものにしました。ホームの利もあったでしょうが、横浜Cのキレがいまいちでした。連戦の疲れでしょう。

13.水戸1-1徳島 水戸の前田選手いいですね。長い距離走ってから強いシュートが打てるようになればもう一つ上にいけそうです。期待しています。

toto対象外のJ2

0.讃岐1-2群馬 群馬はtoto対象外で勝つ印象です。原選手らしいゴールで先制しましたが、群馬に微笑んだというところでしょう。

0.東京V1-2京都 ヴェルディは完全に負けでした。ケヴィン選手のミドルはワールドクラスじゃないですか?これから暑くなってきてベテラン勢の体力が不安ですが、京都は好調を維持しています。そして、ハンドじゃなかったですか?

0.町田2-2大分 町田は次に繋がりそうです。大分はちょっと痛いかもしれません。

0.愛媛1-2名古屋 ホームで強い愛媛からの勝利は実力と見て良いかもしれません。

0.千葉1-1熊本 エンジンがかかるのが遅かったということでしょうか。千葉はコケがちですね。

0.岐阜4-4長崎 大味な試合でした。これは予想できないでしょう。

【toto931回】【予想】連戦となるJ2攻略が鍵

toto931回考察

今回の人気枠

1.横浜M(H)60%

3.柏(A)50%

4.C大阪(A)60%

5.G大阪(H)65%

6.浦和(H)80%

10.山形(H)55%

11.福岡(A)60%

12.横浜C(A)60%

・今回はJ1が8試合、J2が5試合とJ2枠が一つ多い開催となっています。8枠で人気が偏っています。リーグ戦は三分の一程度消化していますが、J1は上位8チームが勝ち点3以内に入っている混戦模様、J2は横浜C、福岡、湘南、東京V辺りが昇格チャンス大、となっています。

・J2第15節は、土曜日→水曜日→日曜日の3連戦の最終日ということで、連戦の影響を大きく受ける可能性が高くなっています。選手の起用方法、ホーム、アウェイの有利不利などが顕著に現れることで順位的に大きく離れてるカードも引き分けなどの波乱を視野にいれていく必要があると思います。

・特に注目すべきは、人気枠の福岡と横浜Cがアウェイ戦という点です。福岡は金沢と、横浜Cは岡山との対戦ですが、ホームでの戦績は悪くない金沢、ホームで勝利する時は複数得点の岡山、と侮っていると引き分けどころか、負けまであるように思えます。波乱をしっかりと予想していきたいと思います。それではいってみましょう。

J1第12節

1.横浜M 仙台 ▲(0)予想スコア1-1

・ホームで強い横浜M(4勝1分1敗)とアウェイで結果を残している仙台(3勝1分2敗)との一戦です。直近の5試合でわずか2得点と攻撃陣が奮わない横浜Mです。対する仙台は失点するものの、得点は挙げています。

・試合が動くとすると後半からでしょうが、早い時間に横浜Mが先制するとそのまま押し切る展開になりそうです。スコア的には1-0が本命、次いで1-1というところでしょう。今季の横浜Mは、攻撃面で信用できない部分が多いですが、仙台の信用もそんなに高くはなく、絞りきれないところがあります。

・横浜Mは前節負傷したデゲネク選手がどこまで回復しているか、というところですが、万全ではないでしょうし、仙台のクリスラン選手が好調のため、90分を無失点で抑えることは難しいと考え、1-1の引き分けと予想します。

2.新潟 札幌 (1)予想スコア1-0

・新潟ホームでは札幌勝利なし(3敗)ということで、データは古いですが、さすがに苦手意識があるでしょう。札幌は前節ホームでガンバに敗れてしまい、ホーム無敗記録が途絶えてしまいました。ちなみに、今季の新潟はホーム全敗、札幌はアウェイ1分4敗です。

・今季の新潟は絶不調ですが、降格を争うことになりそうな札幌との対戦は今までの戦績に関係なく死力を尽くしてくることでしょう。監督交代から短い準備期間での試合ですが、しぶとい新潟というイメージを思い出させるような試合を期待したいと思います。新潟は今節負けてしまうとそのままずるずると降格していきそうな気がします。期待も込めて新潟シングルで狙います。

3.磐田 柏 W(1,2)予想スコア0-3

・順当に考えると連勝中の柏ですが、今季の磐田は何かやってくれそうな雰囲気があります。柏は攻撃陣も守備陣も好調のため、柏のワンサイドゲームになる可能性は高いですが、toto的には両天秤で様子を見ます。totoGOAL的にはワンサイドゲームを買います。

4.大宮 C大阪 ◎(2)

・セレッソです。今季初得点の大前選手をしっかりと止めていきましょう。

5.G大阪 鳥栖 ◎(1)

・今季のガンバのホーム戦は引き分けが多い印象ですが、けが人の多いアウェイの鳥栖を退けることができないのではリーグ制覇は遠いでしょう。落とせない一戦です。

6.浦和 清水 ◎(1)

・こういうときの清水は怖いですが、柏木選手が戻ってきた浦和は安泰でしょう。

7.甲府 広島 (0)

・今の広島に怖さはないですが、甲府の攻撃陣も怖さは足りていない印象です。前節復帰したウィルソン選手の調子が戻ってくれば、甲府マークですが、スコアレスドローの雰囲気です。

8.神戸 F東京 ☆(2)

・神戸は、前節鹿島相手に2-1で勝利しました。渡邉千真選手が今季初得点を決めたことがいい方向に向く可能性もありそうですが、神戸のホーム戦は買わないです。対照的に、前節柏にやられたF東京ですが、現状で柏と神戸を比べると柏が一歩も二歩もリードでしょう。

・神戸としてもF東京としても首位まで勝ち点差3の勝ち点19で並んでいる状況ですので、この試合に勝って上位に食い込みたいと考えているでしょう。両者の意地がぶつかるとするとドロー展開も有り得そうですが、相性的にF東京を推したいと思います。

J2第15節

9.松本 湘南 W(0,2)

・松本は湘南に勝利がないです(3分4敗)が、拮抗した戦いを見せています。松本のホーム力は侮れないですが、上位名古屋と福岡にはきっちりホームで敗戦していることを考えると、今年の松本は悪い意味で一味違うと言えそうです。しかし、湘南も5月は調子を落としているという点が気になるところです。

・両チーム連戦の疲れがあるなか、結果を残すエース、ジネイ選手の存在がある分、湘南が有利かと思います。有利とは言え、勝ち切るかというと疑問が残りますので湘南寄りのダブルで抑えるのが無難でしょう。

10.山形 山口 (1)

・今季の山形はホームで負けていません(3勝4分)。

・山形は前節に続いてホーム戦、山口はアウェイ連戦ということで、コンディション的にも山形が有利だと思われます。山形寄りの予想で大丈夫だと思いますが、心配症な方はドローも抑えるのがいいと思います。ここ2戦の山形を信頼して山形シングルでいきます。

11.金沢 福岡 ▲(2)

・ホーム戦で負けの少ない金沢とは言え、好調福岡を相手にするには少し厳しいかと。金沢にはダークホース注意報も出てますが、逆に福岡がここを落とすチーム状態とは考えられません。

・過去2回の対戦でアウェイ側が勝利しているというデータもあります。アウェイ戦が続く福岡ですが、2連勝で来ているので、モチベーションは高いと思います。福岡狙いでいきます。

12.岡山 横浜C ◎(2)

・これは横浜Cで鉄板。強い風も吹かないでしょうし、岡山にはチャンスが少ないと思います。

13.水戸 徳島 W(1,0)

・ホームでのネバネバに定評のある水戸ですが(3勝3分1敗)、第7節でアウェイの岐阜に負けて以来、2勝5分と敗戦がありません。ホームでもアウェイでも粘りを見せています。ここは、水戸寄りのダブルが無難でしょう。

とということで、予想はこちら

f:id:lab555:20170519190056p:plain