とということで

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とということで

ただひたすらにtoto1等当選を狙うブログ

【minitoto920回】【結果】ルヴァン杯は読めないッス

minitoto920回結果

f:id:lab555:20170413112448p:plain

予想はこちら 

lab555.hatenablog.com

スタメンを9人も10人も入れ替えられたり、怪我から復帰の選手の調整に使われたりするのでルヴァン杯はちょっと読めない点が多すぎます。しかし、そこが面白いところでもあり、今後も継続して予想していきたいと思います。試合結果からは、負傷明けの選手の使い所や若手の台頭に着目して、今後のtoto予想に活かしていきたいです。

 

minitoto920回一行レビュー

1.大宮は勝ち点1ゲット!柏は調整十分か?

2.小野伸二選手がスタメンで胸熱!何気に札幌は好調!

3.今なら納得の結果でしょう。広島はミキッチ選手の復帰が望まれます。

4.仙台の2ゴールはどちらも意味のあるものになりそうです。

5.お互い無理はしないということで。

 

関連記事紹介

sportiva.shueisha.co.jp

sportiva.shueisha.co.jp

www.nikkansports.com

www.hochi.co.jp

【ACL】【水曜日組】鹿島の躓き、川崎はまたもドロー

ACLグループステージ

4/12(水)にグループステージ第4節(MD4)の残りの2試合が行われました。

  

1.ブリスベン 2-1 鹿島

・鹿島はこの敗戦でグループ2位に後退しました。蔚山現代に勝利して勝ち点を8に伸ばしたムアントンがグループ1位に上がりました。そして、ブリスベンと蔚山現代が勝ち点4で並んでいます。現在の勝ち点は6ですので、グループステージ突破のためには次節の蔚山現代が大事になってきます。最終節にムアントン戦を控えていますので、ここで勝ち点3が欲しいところです。

・週末への影響ですが、この試合の2失点は何れも守備のミスから、ということでDF陣のダメージが大きいかもしれません。メンバーもフルで使った上での敗戦ですので、疲労は大きそうです。

・帰国後、仙台でのアウェイ戦を控えていますが、ホームで強い仙台が帰ってくる可能性があります。第一印象では鹿島の勝利と予想していましたが、引き分け、もしくは仙台寄りのダブルで抑えた方がいい予感がします。鹿島はアウェイよりもホームでコケるイメージが強いという点も気がかりです。ということで、本命は鹿島としつつ、引き分けを視野にいれた鹿島よりのダブルで抑えることが良いかもしれません。

6.仙台 鹿島 0、1に変更

 

2.川崎F 0-0 広州恒大

・川崎はこれで4戦連続引き分けとなりました。グループ内では、水原三星が勝ち点8で首位、広州恒大が勝ち点6で2位となっています。次節は水原三星とのアウェイ戦ですが、今節引き分けた広州恒大の対戦相手が最下位のイースタンですので、ここで勝ち点3を取れないとグループステージ突破が非常に厳しくなります。ここで勝つと最終節まで結果を持ち越すことができそうですが、どちらにせよ川崎としては2連勝で勝ち点を10まで伸ばさないと突破は難しそうです。

・週末への影響ですが、ACLグループステージ突破の可能性が残されているという点で、悲観しすぎることもないでしょうが、2連勝しなければいけない状況になったということで心理的な影響が大きそうです。次節の相手は、絶賛ホームでの強さを見せつけている札幌ですので、簡単な試合ではないでしょう。

・第一印象では札幌にマークしていましたが、川崎は逆境に強く、しぶとい、というイメージがあります。リーグ戦でも上位に残るには踏みとどまらないといけない試合ということもあり、こういうときに力を発揮するのが川崎というイメージもありますので、安易に札幌シングルにはできなくなりました。ということは、両者拮抗の末、引き分けというシナリオが濃厚そうです。

2.札幌 川崎 0に変更

【ACL】【週末に影響は?】浦和は突破濃厚、ガンバは厳しい?

ACLグループステージ

4/11(火)にACLグループリーグ第4節(MD4)が開催されました。

  

1.浦和 1−0 上海上港

www.youtube.com

・浦和はこの勝利で勝ち点を9に伸ばし、得失点差でグループリーグ1位になりました。残りの2チームの勝ち点が3ですので、浦和と上海上港は残り2戦のうち1戦でも引き分け以上があればグループリーグ突破が決まります。勝ち点差が6ありますので、浦和の大敗・下2チームの大勝が続かなければ2敗でも突破できそうです。

・さて、気になるのは週末のJリーグへの影響ですが、浦和はF東京とのアウェイ戦を控えています。スタメンはほぼ変わらずいつも通りといった感じですが先日の仙台戦でハットトリックを決めた興梠選手は出場停止のためズラタン選手が先発していました。リーグ戦2戦欠場中のラファエル・シルバ選手もスタメン復帰しています。

・層の厚さは相変わらずですが、思い出すのはリーグ開幕戦の横浜Mとの一戦です。新加入選手の情報がなかったとは言え、アウェイで遅れを取ったという結果は考慮すべきです。

lab555.hatenablog.com

・開幕戦は、鹿島とのスーパーカップとシドニーとのアウェイ戦の2戦をこなした後でしたが、今回は、ホーム戦で仙台に大勝後、ACLホーム戦、東京でのアウェイ戦ということで、移動距離が少ない上に連勝ですので、疲労感は多少マシなのでは、という気もしますが、対戦相手としてはシドニーよりも今回の上海上港の方が明らかに上ということもあり、総合的に見て同じ程度の疲弊と考えたほうが良いかもしれません。

・第一印象で決めた予想は今のところ変わっていません。

7.F東京 浦和 1

 

2.江蘇蘇寧 3−0 G大阪

www.youtube.com

・3連敗のガンバですが、グループ内では今回の対戦相手、江蘇蘇寧が4連勝で勝ち点を12に伸ばして突破を決めましたが、アデレードがチェジュを下して双方が勝ち点4で並び、ガンバが勝ち点3でその下にいる、という状況です。3チームがうまいこと団子状態にハマり、ガンバにも突破の可能性が残されました。残り2戦ですが、グループリーグ突破を決めた江蘇蘇寧の出方次第で、2チームに勝ち点3が入ることになると非常に厳しくなってきます。ガンバとしては2連勝で確実に決めたい、という気持ちでしょう。次戦引き分けなら敗退濃厚、一つでも負けた時点で敗退決定です。次は4/25にホームでアデレード戦を控えていますが、絶対に負けられない戦いがそこにはある!

・さて、週末への影響ですが、ガンバは広島にホームで敗戦、アウェイで江蘇蘇寧に敗戦のあと、長居でのセレッソとの大阪ダービーを控えています。控えめに言って非常に辛い状況であると思いますが、一方でガンバは逆境に強いチームという印象もあります。ベテラン遠藤選手のミスによる失点の影響もありましたが、逆にベテランならではの巻き返しがあるのかもしれない、という期待もできます。

・セレッソは清武選手が練習に合流したということで、怪我の程度にもよると思いますが、出場してくると思います。ガンバは倉田選手が腰痛で遠征には帯同していませんでしたが、こちらも出場してくると思います。互いにチームにとって特別な大阪ダービーですし、セレッソにとってはJ1の舞台での久しぶりのダービーということで両チームの気合の入りが非常に強いものになるでしょう。

・こちらも第一印象で決めた予想は変わっていません。

5.C大阪 G大阪 0

 

週末がとても楽しみです。

 

【J2】【チーム別順位予想】東京V

東京ヴェルディ

最近ブームが来ている(あくまで個人的です)東京ヴェルディの記事を発見したので紹介したいと思います。 

J2第7節の湘南戦に敗れた後のインタビュー記事です。

sportiva.shueisha.co.jp

 

ハイライト

www.youtube.com

一瞬のスキを突いた先制点。終了間際の抑えの効いたミドルシュートはゴラッソでしょう。湘南は、MF菊池選手の個人技で返し、ジネイ選手のさすがとも言えるゴールで逆転した後、CKから追加点を上げています。

ヴェルディも湘南も強いです。ナイスゲームでした。

今後、totoの対象試合に挙がれば両チーム積極的に買っていきたいと思います。

ミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督

今年から2年契約でヴェルディを率いるロティーナ監督は、リーガエスパニョーラ出身のスペイン人です。守備に定評のある監督ということですが、今年のヴェルディにはその効果が顕著に現れているのではないでしょうか。昨年のことは忘れて今年の強さを目に焼き付けましょう。

sportiva.shueisha.co.jp

 昔の話

Jリーグ発足当時、ラモス瑠偉選手、三浦知良選手などスーパースターが在籍した読売ヴェルディとともに、Jリーグ元年にMVPを獲得した三浦知良選手はサッカーファンの心に焼き付いていると思います。三浦知良選手が未だ現役(今年はスタメンも多い!)であることに力をもらっている人も多いのではないでしょうか。 

読売ヴェルディとともに牽引したチームの一つは、ジーコ選手、アルシンド選手が所属していた鹿島アントラーズでした。開幕戦は衝撃でした。もう一つは横浜マリノスです。タイトなユニホームが懐かしいです。

 

リーグ途中ですが、ここで順位予想です

最近、強い東京ヴェルディが帰ってきたということに心を打たれているのですが、組織的な守備と、活きのいい選手の活躍でこのままリーグ終盤まで好調を続けてもらいたいです。

期待も込めて、今季の東京ヴェルディの最終順位予想は、「2位」です。

 

リーグ戦も7試合を消化したタイミングで何を言ってるのかわからないかもしれませんが、2位と予想します。ありがとうございます。

 

どんどんと試合が消化されていきますが、時間があれば、個人的に注目している他のチームの順位予想もしていきたいです。お付き合いいただければ幸いです。

【minitoto920回】【予想】ルヴァン杯グループステージ第2節

週末を占うミッドウィーク

今週はミッドウィークにACL第4節が開催されます。そして、国内ではルヴァン杯第2節が開催されます。週末のtoto921回に向けて要チェックのミッドウィークとなっています。

  

ACL組

ACL組は、4/11(火)に浦和がホームで上海上港と、G大阪がアウェイで江蘇蘇寧と、4/12(水)に鹿島がアウェイでブリスベンと、川崎がホームで広州恒大と、それぞれ対戦があります。

対戦相手的には鹿島が有利でしょう。浦和、川崎、ガンバは何れもグループ一位との対戦で、特に川崎とガンバはグループリーグ突破に向けて負けられない戦いになります。今節の疲弊度合いでいけば、ガンバ>川崎>浦和=鹿島といったところでしょうか。

ガンバは金曜日のホーム戦を落としたということもありますが、ACLとリーグ戦で違った表情を見せるチームであるという印象が強いので、気持ちの切り替えの点は大丈夫でしょう。気持ちの切り替えという点では、選手温存策にミスり、ホームでセレッソに惜敗した鹿島の問題かもしれません。

 

ルヴァン杯組

国内組は、4/12(水)に12チームがルヴァン杯を戦います。

ちなみに、ミッドウィークに試合がないチームは、F東京と鳥栖です。F東京は立て直す時間が取れるということでアドバンテージになりそうです。

 

そういうわけでミッドウィークに組まれたルヴァン杯の5試合が対象となっているminitoto920回を無謀にも予想してみたいと思います。それではいってみましょう。

 

minitoto920回考察

1.大宮 柏

・ルヴァン杯の前節の柏の内容ですと、大宮がガチできた場合には大宮勝利の可能性が高そうです。どこまで選手を入れ替えるか分かりませんが、ここは今季公式戦初勝利の期待も込めて大宮勝利と予想します。

 

2.清水 札幌

・仲良くJ2から上がってきて、リーグ戦前節では気持ちよく勝利した両チームですが、チームの勢いはホームの清水の方が上のような気もします。仲良くドローでしょう。

 

3.新潟 広島

・広島はルヴァン杯を使って何かするかもしれません。リーグ戦の前節はガンバに勝ちきったので、その辺の勢いもあるかもしれません。確信はないですが、広島勝利と予想します。

 

4.仙台 磐田

・磐田の名波監督の方針としてギラギラしてるプレイヤーを使うということらしいので、より結果を求める磐田に軍配が上がる気がします。磐田勝利と予想します。

 

5.甲府 C大阪

・甲府の監督マジックで、甲府がいい結果を残しそうです。セレッソはリーグ戦でいい流れですので、無理しない方がいいでしょう。甲府勝利と予想します。

 

とということで、minitoto920回予想

f:id:lab555:20170410164639p:plain