とということで

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とということで

ただひたすらにtoto1等当選を狙うブログ

【ACL】【MD5】川崎の初勝利、ガンバは崖っぷち

ACLグループステージ

4/25(火)にACLグループステージ第5節(MD5)が開催されました。ともに負ければ即敗退の川崎とガンバはどうなったのでしょうか。それではいってみましょう。

1.水原0-1川崎F

www.youtube.com

・勝つしか無い川崎が勝ちました。グループGは広州恒大が勝ち点9で首位、水原三星が勝ち点8で2位、川崎が勝ち点7で3位と、川崎は最終のイースタン戦で勝利すれば勝ち点を10に伸ばし、グループリーグ突破が決まります。イースタンはアウェイで引き分けた相手ですが、ホームで勝てば突破という状況に持ち込めたことで、心理的にも肉体的にも余裕が生まれるでしょう。しかし、水原三星とは得失点差がありますので、引き分けでは突破不可能、勝つしか無いという戦いを次戦も繰り広げることになります。

・今節の勝利は中村憲剛選手のFKからファーサイドの奈良選手が頭で合わせるというリーグ第6節の甲府戦を彷彿とさせるシーンでした。奈良選手強いです。今までの川崎には見られなかった一つの得点パターンとなりそうです。

www.youtube.com

・次節は5/9(火)にホームにイースタンを迎えますが、首位広州恒大も2位水原三星も引き分けでは決勝に進めないので、イースタンとの対戦が残っている川崎は日程的に有利と言えそうです。4引き分けからの2勝でグループリーグの突破を祈っています。

・そして、週末への影響ですが、これまでのグループリーグで停滞していた川崎が勝利し、次節に望みを繋げたことでリーグ戦でも上昇していく可能性があると思います。もちろん疲労もあるでしょうが、この勝利はリーグ戦でも引き分けが続いている川崎に勢いを与えると思います。長居に乗り込んでのセレッソ戦ですが、川崎は買えると思います。

 

2.G大阪3-3アデレード

www.youtube.com

・ガンバはこの引き分けで勝ち点4となりましたが、グループ最下位を維持しています。済州は江蘇を下して勝ち点を7に伸ばしました。グループHは、グループリーグ突破を決めている江蘇が勝ち点12で首位、済州が勝ち点7で2位、アデレードが勝ち点5で3位となっています。

・ガンバがグループリーグを突破するには、最終の済州戦で3点差以上で勝利し、かつ、アデレードが江蘇に負ける若しくは引き分ける場合のみになってしまいました。済州としては、アデレードが3点差以上で勝った場合を除いて、引き分けでグループリーグ突破が決まりますので、終始引いて守るという戦略も取れます。

・可能性としてはほぼゼロに近いですが、ゼロではないです。そして、この試合では、短い時間ながらファビオ選手とアデミウソン選手が復帰しています。主力選手の復帰に加えて長沢選手の2得点、堂安選手の連続得点と、好材料が揃っています。後は今野選手が戻ってくると良いのですが。

・週末への影響ですが、ACLを吹っ切ってリーグ戦に注力すると面白そうですが、非常に僅かながら可能性が残っているということが予想を難しくしそうです。次節は横浜Mとのアウェイ戦ですが、ACLに気を取られてくれているとホーム横浜Mで問題ないと思うのですが、ガンバの好材料も見逃せません。ファビオ選手は去年まで横浜Mでプレーしていましたし、選手のことも熟知しているでしょう。前節の柏がしたように齋藤学選手をシャットアウトできればガンバの勝利が近づくと思われます。ガンバも買えそうです。