とということで

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とということで

ただひたすらにtoto1等当選を狙うブログ

【toto925回】【予想】GWはホームチームを応援しましょう

toto925回考察

今回の人気枠

2.清水(H)60%

3.柏(A)60%

4.浦和(A)75%

5.磐田(H)65%

7.F東京(H)65%

8.鹿島(H)65%

9.神戸(H)70%

11.大分(H)50%

12.横浜C(A)55%

13.岐阜(H)55%

今回は、13枠中10枠が50%を超える支持率を集めています。やはり考えることは同じという印象を持っています。今週はJ1が日曜、J2が土曜に開催されます。土曜日の週間予報は北部が曇りのち雨、それ以外は晴れの予報です。今週末も波乱の予感がします。

第一印象

f:id:lab555:20170424190026p:plain

まずは、先週の結果を受けての第一印象から。5番、8番、11番でのドロー以外は順当という予想になっています。ここから、ミッドウィークの結果、新たな故障者、復帰選手などの状況を見つつ予想をしていきたいと思います。それでは参りましょう。

J1第9節

2.清水 仙台 △ W(1,2)

・第一印象では、勢いを考慮して清水をマークしています。しかし、前哨戦となったルヴァン杯では、前半終了間際に清水に退場者が出た影響もあって、仙台が逆転勝ちを収めています。

・仙台は浦和戦、鹿島戦に続き前節の広島戦でも3失点と守備陣に不安が残るところです。また、古いデータですので気にしない方がいいかもしれませんが、清水には通算成績で大きく負け越しています。清水はルヴァン杯では3連敗ですが、リーグ直近3戦では1勝2分と持ち直してきています。しかし、ホームでの勝利が遠い状況です。

・ルヴァン杯は、フレイレ選手が復帰するも前半で退場処分を受けました。その分休めたという見方もできそうですが、仙台の梁選手が好調であること、クリスラン選手が得点したことも気になるところです。前哨戦の勢いそのままに仙台というストーリーも、ホームチームが勝ち星を取るというストーリーもどちらもありそうですし、拮抗状態で引き分け、というのもあり得ると思います。

・悩ましいですが、仙台の前節の広島戦の前半のような守備と、2点取られてから3点を取り返した攻撃の印象が強いので仙台のマークは外さないようにします。清水ペースで試合が進めばサンドバック状態も考えられますので、引き分けを消した両天秤で抑えていきます。

3.新潟 柏 (2)

・柏はミッドウィークのルヴァン杯がなく、十分な休息を取ってのアウェイ戦となります。新潟はルヴァン杯でそこそこのメンバーを出してきた横浜Mから先制点を取るも、その後4失点で敗戦しています。しかし、新潟はほぼ主力選手を使わずに柏戦に備えてきています。コンディション的には同等というところでしょう。

・柏は前節横浜Mをシャットアウトしました。不安を抱えていた守備に結果が伴ったことで自信を持って挑めるでしょう。今節新潟をシャットアウトできれば、さらに上昇していく予感がします。期待も込めて柏マーク。

4.大宮 浦和 (2)

・浦和でしょう。ここで波乱が起きれば諦めが付きます。

5.磐田 札幌 ★ (1)

・今季の札幌のアウェイの戦績(全敗)、磐田のホーム戦での戦績(6勝1敗)を考えると、対戦データ的には磐田で堅いと見れるカードです。

・しかし、ムサエフ選手の欠場、カミンスキー選手の怪我の具合等の不安材料はあります。ミッドウィークでの小川航基選手のハットトリックという好材料もありますが、ルヴァン杯かrなお勢いをリーグ戦に持ち込めた例は少ないのでここは期待しすぎないほうが良さそうです。札幌は、同じくルヴァン杯で小野伸二選手が得点していますが、こちらも同様です。

・波乱を抑えるとすれば、磐田勝利に加えてドローをマークするのが良さそうですが、今季の札幌の失点数、直近の磐田の好調具合を考えると磐田シングルで勝負できると思います。

6.C大阪 川崎F W(1,0)

・ACLでの川崎の勝利がなければセレッソシングルで勝負したいとことでしたが、この勝利でグループステージ突破の可能性が大きくなり、しかも引き分けが続いていたところで勝ち星を得たということは悪循環を断ち切ることができたという意味合いを持ち、非常に大きい影響を与えると思います。

・セレッソと川崎は現時点で3勝4分1敗の勝ち点13で並んでいます。川崎は引き分けが多い印象を持っていましたが、セレッソも同数でした。セレッソはリーグ戦カップ戦含めて4試合連続引き分け中、川崎は同じく4戦連続引き分けの後、ACLで勝利しています。

・セレッソは、甲府戦、ガンバ戦と追いつかれてのドローですので、最後の詰めの部分での甘さが出ているのかもしれません。川崎には奈良選手のセットプレーという新しい武器があるので、セットプレー絡みで失点が続いているセレッソとしては、無失点で凌ぐことは難しいかもしれません。しかし、攻撃の方は好調の杉本選手がいますし、柿谷選手、清武選手も徐々にコンディションを上げている印象です。

・スタジアム成績もドローが多いということで仲良くドローという予想が妥当かもしれません。内緒でセレッソもマークしますので、買い目としてはセレッソ寄りのダブルです。

7.F東京 広島 W(1,2)

・今節はF東京のピーター・ウタカ選手の出場がありません。高萩選手の復帰は明るい話題ですが、もちろんマークされているでしょうから、得点力に不安を抱えた一戦になるでしょう。

・広島はミキッチ選手が復帰してきました。ベテラン選手ですので、しっかりとリーグ戦に合わせてくるでしょう。得点不足でしたが、前節の仙台戦では3得点と、それまでの得点数と同じ得点を記録しました。終了間際に引き分けに持ち込んだのですが、続けざまに3失点というところで、いまいち信頼性に欠けていると言えます。

・期待混じりの予想でいけば広島勝利ですが、そろそろF東京の大久保選手が爆発しそうな予感もあります。ピーター・ウタカ選手が不在だと得点力に不安が残る、と言われ続けていますし。失点から崩れる広島の悪いパターンにハマると追いつくのは難しいでしょうから、順当にF東京にマークするのが正解かもしれません。両天秤でいきましょう。

8.鹿島 鳥栖 ◎ (1)

・鹿島でしょう。コンディション的には同じくらいだと思いますので、王者のサッカーで鳥栖攻撃陣を封印すると思います。

9.神戸 甲府 (1)

・神戸はホーム2連敗中です。ルヴァン杯では広島をボコっていましたが、リーグ戦での悪い流れを断ち切りたいでしょう。しかし、焦るとダークホース甲府に足元を掬われる可能性もあります。

・今季の神戸ホーム戦は信用できない、と断じるのは少し強引ですが、今節の結果次第では上位争いから転落していくことになるでしょう。チーム内でもそういう雰囲気でしょうから、浦和戦と同じく掛かり気味の試合運びになる可能性は高そうです。ダークホースっぷりを発揮すればドローも有りえますが、神戸相手にウィルソン選手を欠いては難しいかもしれません。

・順当に神戸勝利と予想します。

10.横浜M G大阪 (1)

・横浜Mはウーゴヴィエイラ選手が不調ですが、ルヴァン杯で先発していたため、今節は後半途中からの出場の可能性が高いです。どちらかと言うと、ベンチスタートのほうが結果を残す印象があり、そちらの方が怖いと思います。齋藤学選手は、ルヴァン杯の後半途中から出場しています。

・ガンバはACLでの引き分けが痛いです。大宮に大勝した勢いがなくなりました。しかし、ファビオ選手、アデミウソン選手が復帰したことは心強いと思われます。長沢選手は好調ですし、堂安選手の連続得点も頼もしいです。一つ不安なのは遠藤選手がまたしても、ということです。

・通算戦績、日産スタジアムでの戦績は、ガンバが余裕で負け越しています。ルヴァン杯、ACLの影響に加えて、この辺りの相性も考慮すべきでしょう。横浜Mはルヴァン杯でそこそこ選手を使いましたし、ガンバはACLで総力戦でした。ルヴァン杯をホームで戦い、勝利した横浜Mがホーム連戦ということで若干有利、と思っています。コンディション、相性を考慮して横浜Mの勝利と予想します。

J2第10節

1.福岡 東京V (0)

・ヴェルディには今季引き分けがありません。また、アウェイでは3得点と得点力が発揮されていません。0-1での敗戦が徳島戦、山形戦と、二つあり、アウェイで先制されると厳しい、というデータがあります。

・福岡は、ホームでの得点力が高いですが、失点も多いです。この点で、ヴェルディは先制されても巻き返すチャンスがあると見れます。

・ヴェルディがボール保持率で上回ると思いますが、早い時間帯で先制でいなければ後半ウェリントン選手の得点で福岡勝利、先制点が入り攻勢を緩めなければヴェルディという感じでしょうか。第6節の横浜Cとの一戦を思い出すと、両チーム不発でのドローということも考えられるところです。

・ウェリントン選手もアラン・ピニェイロ選手も厳しいマークにあうと思いますので、お互い良いところを消し合ってのドローという可能性が一番高そうです。ドロー狙いでいきます。

11.大分 京都 ▲ (1)

・闘莉王選手の影響は大きいです。今節もFWで来るのでしょうが、決定力はJ2屈指と言っても良いかもしれません。順位も支持率も大分が上ですが、京都勝利の目もあると思います。

・大分は前節の松本戦、前々節の金沢戦で1-0の勝利を果たしているので、引いたときの固さは十分だと思います。守備は、京都の長身ツートップを止めれるかどうかが鍵と思いますが、京都の守備を考えると大分が得点する可能性は高そうです。ホームの後押しのない京都は、さすがに厳しそうです。

・大分勝利と予想します。

12.熊本 横浜C ● W(1,2)

・メモリアルもないので横浜Cで問題ないと思います。

・波乱があるとするとここでしょうから、両天秤推奨です。

13.岐阜 金沢 (1)

・戦術的にもすんなり岐阜でしょう。

とということで、toto925回予想

f:id:lab555:20170428135532p:plain

特選記事紹介

www.football-lab.jp